予約制 0120-998-203 携帯・PHSもOK

世田谷区奥沢の腰痛専門の整体院

どこでも同じだと、入った腰痛専門の整体院、体のあまりの変化に、「もっと早く来ればよかった」 電話受付10:00〜19:00

blog

腰痛予防のストレッチを日課に

こんにちは
自由が丘整体院の永井です

腰痛に苦しんでいる方は
数えきれない程いる

ただ腰痛と言っても
ベルトの周辺が痛い腰痛の方もいれば
ベルトより少し下、つまり、専門用語で言うと
仙骨の周辺が痛くなる腰痛

または、ベルトよりも少し上から肋骨の下の範囲が
痛くなる腰痛がある

患者さん自身は、自分がいったいどの部分が痛い腰痛なのか
分かっている方は意外に少ない

とにかく痛いから早く痛みを取ってよ
こんな感じでお見えになる

皆さんが口を揃えて言う事がある
とにかく痛みを取りたい
これは ごく当たり前の事だ

何となくこの辺が痛い
そう表現する方が圧倒的に多い

では何処が痛いかどう判断したら良いか
簡単に説明をさせて頂くと
前かがみになった時に腰が痛い時
つまり、こんにちは と頭を下げて挨拶をした時に
痛い時は
ベルトの周辺が痛いのと、ベルトの上が痛い事が多いです

反対に 両脚で立って、そのまま天井を見上げるように
後に反った時に痛いのは、
仙骨の周辺が痛くなる腰痛の確率が高い

これだけ知っているだけで
その後の対策が大きく変わってくるでしょう
お辞儀をした時に痛い腰痛は
下半身のストレッチをシッカリ致しましょう
天井を見上げるとき痛い腰痛は

上半身をストレッチ致しましょう
このストレッチをする事で腰痛予防に役立ちます

ストレッチを生活に入れて頂くだけで
腰痛の進行速度はかなり減速されます
分かりやすく言えば
何もしない状態でいると2週間で腰痛になるのに
ストレッチをいれていただくと 3週間〜1ヶ月ほどに伸びます

ただ、勘違いしないで欲しいのが
ストレッチをしていれば、腰痛にならないと思って入れば
大きな勘違いです
ストレッチは続けることで
体をしなやかにしてくれます
これだけでも、大きな成果です
是非、続けて下さい

自由が丘整体院
フリーコール0120-998-203
メールmail@chiryo.com

トップページ

  2012/01/16   Isao Nagai
6月 2019年7月 8月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

月別アーカイブ